GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラス/IPv4 PPPoEを使う方法をそれぞれ解説

GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラス/IPv4 PPPoEを使う方法をそれぞれ解説

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!

今月の
最新キャンペーンはこちら




ドコモ光を実際に使って
メリット・デメリットをレビューしました


 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光では、v6プラスを無料で利用することができます。

 

他の光回線・プロバイダでv6プラスを利用する場合は、有料オプションの契約が必要になることが多いので、この点はGMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットとなっています。

 

さらに、v6プラス対応Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。

 

 

 

スッゴ~イ!


 

 

とてもメリットが多いので、GMOとくとくBBは、ドコモ光プロバイダの中でも人気が高いです。

 

 

ただv6プラスにはデメリットとなる部分もあり、それが懸念で申し込めないという方もいます。

 

v6プラスのデメリットとは、下記のようなサービスが使えない点です

 

v6プラスで使えないサービス

 


  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)
  •  

  • 固定ip
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

 

 

オンラインゲームの一部(オンラインゲームすべてが出来ないわけではなく、一部のポートを使うゲームができません。また、もしやりたいゲームがv6プラス非対応だった場合は、v6プラスとPPPoEを併用できるサービスを使ったりすればv6プラス非対応のゲームをプレイすることも可能です。このあたりについて詳しくはこちらで解説しています)が出来なかったり、

固定ipを使って、たとえば外出先から自宅PCにアクセスしたり、自宅サーバーを公開するなどが出来なかったり(外部サービスを使って固定ipを使う方法はあります。詳しくはこちら)、

VPNの利用が出来なくなる、

Linuxなどの一部OS(の特定バージョン)が使えなくなる

などの点がv6プラスのデメリットです。

 

 

ホームページや動画を見るなど、一般的な使い方をする分には特に問題ないのですが、上記のような使い方をする方にとっては、v6プラスを使いたくても使えないということになってしまいます。

 

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光は、そういった「v6プラスでは利用できないサービスを使いたいという方」でも、従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)を利用できるようになっています。

 

 

そこでこのページでは、

 

  • GMOとくとくBB×ドコモ光を(最初から)IPv4 PPPoEで使う方法
  •  

  • GMOとくとくBB×ドコモ光を(最初から)v6プラスで使う方法
  •  

  • GMOとくとくBB×ドコモ光をIPv4 PPPoEからv6プラスに切り替える方法
  •  

  • GMOとくとくBB×ドコモ光をv6プラスからIPv4 PPPoEに切り替える方法

 

について解説していきます!

 

 

工事費無料+キャッシュバックCP中!


 

【注意】GMOとくとくBB×ドコモ光ではv6プラスとIPv4 PPPoEを併用して使うことはできない

 

GMOとくとくBB×ドコモ光では、IPv4 PPPoEはもちろん、v6プラスも無料で使えるのが大きなメリットです。(v6プラスを使うための条件は後述します)

 

 

ただし、v6プラスとIPv4 PPPoEの併用はできないようです。

 

実際私の家でも、GMOとくとくBB×ドコモ光を契約してから少しの間は併用できましたが、v6プラスが開通して少し経つと、IPv4 PPPoEでの接続ができなくなりました。

 

 

この点について、GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトにも下記のように記載がありました。

 

弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。

 

今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。

引用:会員サポート

 

 

v6プラスが開通したら、IPv4 PPPoEは「停止」され、必要であれば「再開」できるけれど、その場合はv6プラスが「停止」になるということなので、やはりv6プラスとIPv4 PPPoEを併用することはできないようです。

 

 

 

ただ、PS4やニンテンドースイッチのオンラインゲームがやりたい方は、v6プラスでもプレイできるソフトが多いので、

まずはv6プラス環境で試してみて、プレイできないことを確認してから、IPv4 PPPoEに切り替えることをおすすめします。

 

 

 

 

IPv4 PPPoEで使うための条件

 

以下の条件を満たす場合、自動的にv6プラスでの申し込みになってしまいますので注意です。

 

  • v6プラス対応のホームゲートウェイを利用(対象ホームゲートウェイの型番はこちら)
  •  

  • Wi-Fiルーター無料レンタルオプションを利用

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットが、「Wi-Fiルーターの無料レンタル」なのですが、

v6プラスを使わずにIPv4 PPPoEでGMOとくとくBB×ドコモ光を使う場合は、Wi-Fiルーター無料レンタルを使えません。

 

Wi-Fiルーター無料レンタルを利用してしまうと、自動的にv6プラスにも申し込みになってしまいますので、IPv4 PPPoEで使いたい方は注意してください。

 

 

また、固定電話サービスである「ドコモ光電話」を使う場合、v6プラス対応のホームゲートウェイが貸与されて、自動的にv6プラスに申し込まれてしまいますので、こちらも注意が必要です。

 

v6プラスを利用せずにドコモ光電話を使いたい場合は、GMOとくとくBB以外のプロバイダを選びましょう。

 

 

IPv4 PPPoEで使う方法

 

先に紹介した条件をクリアした上で、GMOとくとくBB×ドコモ光を申し込めば従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で利用することが可能です。

 

申し込み方法は下記の通りです。

 

 

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する場合は①から、「新設」で申し込む場合は②の手順から行えばOKです。

 

「転用」と「新設」の違いについてはこちらで解説しています → フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

 

①NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう(フレッツ光からの転用の場合のみ)

 

 

 

 

②ドコモ光へ申込み

 

「転用承諾番号」が取得出来たら、ドコモ光に申し込みます。

 

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光を申し込む<<

 

 

③ドコモとGMOとくとくBBからそれぞれ郵送で「申し込み書控え」や「ご利用ガイドブック」等が送付される

 

GMOとくとくBBからの郵送物に、設定に必要な情報や設定手順などが同封されています。

 

 

④ドコモ光開通工事(新設の場合のみ)

 

ドコモ光開通のための工事(配線)を実施します。

 

 

⑤パソコンなどの設定をする

 

③で受け取った必要情報や設定手順を参考に、パソコンやスマートフォンの接続設定を行います。

 

 

⑤ご利用開始

 

設定が完了すればすぐに使えます。

 

「フレッツ光」は自動で解約になりますので、特に手続きは不要です。

 

 

v6プラスで使うための条件

 

GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使うためには、下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

 

引用:GMOとくとくBB会員サポート

 

 

上記の条件を満たす方は、開通した時点でv6プラス接続できるようになります。

 

ただし、Wi-Fiルーター無料レンタルは、GMOとくとくBB×ドコモ光に申し込み後に、別途で申し込む必要がありますので注意してください(次に紹介する手順の③)。

 

 

v6プラスで使う方法

 

先に紹介した条件をクリアした上で、GMOとくとくBB×ドコモ光を申し込めばv6プラスで利用することが可能です。

 

申し込み方法は下記の通りです。

 

 

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する場合は①から、「新設」で申し込む場合は②の手順から行えばOKです。

 

「転用」と「新設」の違いについてはこちらで解説しています → フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

 

①NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう(フレッツ光からの転用の場合のみ)

 

 

 

 

②ドコモ光へ申込み

 

「転用承諾番号」が取得出来たら、ドコモ光に申し込みます。

 

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光を申し込む<<

 

 

③Wi-Fiルーターレンタルの申し込み(Wi-Fiルーターをレンタルする場合のみ)

 

 

 

 

④ドコモとGMOとくとくBBからそれぞれ郵送で「申し込み書控え」や「ご利用ガイドブック」等が送付される

 

GMOとくとくBBからの郵送物に、設定に必要な情報や設定手順などが同封されています。

 

 

⑤ドコモ光開通工事(新設の場合のみ)

 

ドコモ光開通のための工事(配線)を実施します。

 

 

⑥パソコンなどの設定をする

 

v6プラス接続の場合は、ほとんど設定不要です。パソコンやスマートフォンでWi-Fi受信のパスワードを入力するぐらいで設定完了できます。

 

 

⑦ご利用開始

 

設定が完了すればすぐに使えます。

 

 

「フレッツ光」は自動で解約になりますので、特に手続きは不要です。

 

 

 

IPv4 PPPoEで契約後に、後からv6プラスに変更する方法

 

最初は従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で契約し、後からv6プラスに変更することもできます。

 

その場合は、v6プラスに変更したい時に「Wi-Fiルーター無料レンタル」もしくは「ドコモ光電話」に申し込めばOKです。

 

 

Wi-Fiルーター無料レンタルの場合は、料金はかかりませんが、最低利用期間(37ヶ月間)があるので、その期間内にWi-Fiルーターレンタルをやめたり、GMOとくとくBBを解約してしまうと1万円の違約金がかかってしまいます。

 

2017年12月以降、Wi-Fiルーターレンタルの最低利用期間と解約金がなしになりました!

 

これによって、Wi-Fiルーターレンタルの場合は、月額料金無料でv6プラスが使えるようになり、しかもいつレンタルをやめても解約金がかからなくなりました。

 

 

ドコモ光電話の場合は、月額500円がかかりますが、いつやめても違約金はかかりません。

 

 

固定電話を使う方ならドコモ光電話を、それ以外の方はWi-Fiルーターレンタルを申し込みましょう。

 

 

v6プラスで契約後に、後からIPv4 PPPoEに変更する方法

 

最初はv6プラスで契約し、後からIPv4 PPPoEに変更することもできます。

 

その場合は、IPv4 PPPoEに変更したい時に、GMOとくとくBBのサポートにメールで連絡します。(電話窓口でも可能かもしれません)

 

 

詳しくは下記ページを参照してください

 

IPv4への切替方法(GMOとくとくBB会員サポート)

 

 

 

注意 PS4などのオンラインゲームの多くもv6プラスでプレイ可能!IPv4 PPPoEへの切り替えはv6プラスで試してみてからにしましょう

 

PS4やニンテンドースイッチなどのオンラインゲームをするために、v6プラス⇒IPv4 PPPoEに変更している方は、

まずはやりたいゲームがv6プラスでできないのか、実際に試してみましょう。

 

すべてではないですが、v6プラスでも問題なくプレイできるオンラインゲームも多いようです。

 

 

 

また、GMOとくとくBB×ドコモ光で無料レンタルできる「BUFFALO WXR-1750DHP2」では、「UPnP」機能を「OFF」にすることでプレイできるゲームもあるようです。

 

 

 

 

まとめ

 

GMOとくとくBB×ドコモ光は、

ドコモ光電話やWi-Fiルーター無料レンタルを利用するか、市販のv6プラス対応Wi-Fiルーターを用意する、またはNTT東日本「ギガスマートタイプ」から転用した方の場合は、自動的にv6プラス接続となり、

これらの条件にあてはまらない場合はIPv4 PPPoEとなります

 

 

v6プラス接続も、v6プラス対応Wi-Fiルーターも無料なので、基本的にはv6プラスでの利用がおすすめですが、v6プラスでは利用出来ないサービスを使いたい方は、このページで紹介した方法を使ってIPv4での申し込みを行いましょう。

 

 

v6プラスは使えないけれど、やはり回線速度が速い光回線が良いという方は、ダークファイバー回線(NURO光、auひかり)がおすすめです。

 

ダークファイバー回線であれば混雑が少なく、回線速度が速いうえに、v6プラスのデメリットである「ポート」や「固定ip」の制限もありません

 

ドコモ携帯とのセット割引(ドコモ光パック)は使えなくなってしまいますが、auひかりであれば3年間3,680円(工事費込み)という激安料金で利用可能です。

 

詳しい解説は下記記事をご覧ください。

 

 

 

これからドコモ光を利用したい方・プロバイダ選びに迷っている方は、v6プラス対応で全国平均170Mbps超え&Wi-Fiルーター無料のGMOとくとくBB×ドコモ光がおすすめです!

 

 

【2020年7月】速度・料金・特典がお得なドコモ光の申し込み窓口

【GMOとくとくBB×ドコモ光】キャッシュバック、キャンペーン特典がお得な申し込み先ランキング


ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光!



ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、


  • 無料でv6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料
  • キャッシュバックなどの独自キャンペーン+dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンが併用可能

といったメリット多数の「GMOとくとくBB」がオススメです。(当サイト管理人の私も実際に利用中です。)



ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)の申し込みは、プロバイダ公式サイト・代理店サイト・ドコモショップ・ドコモ公式サイト・量販店などから出来ますが、キャンペーン特典や手続きのカンタンさから下記窓口がおすすめです。(私もこちらから申し込みました⇒体験談)



GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!


2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!



GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [dTV または dアニメストア]申し込みで10,000円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [DAZN for docomo または スカパー]申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 通常約2万円かかる工事費が無料(ドコモ光工事費無料キャンペーン) ★急に終わることがあるのでお早めに!

  • 新規契約;2,000円分のdポイントプレゼント

  • 事業者変更(他の光コラボから乗り換えの方);2,000円分のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方);2,000円分のdポイントプレゼント

  • dカード GOLDも申し込みでドコモ光公式特典:最大13,000円分のiDキャッシュバック+GMOとくとくBB特典:2,000円分のAmazonギフト券プレゼント


還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大72,040円(dカードGOLDも申し込みなら87,040円)



GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る