【レビュー】ZEUS WiFiは安くたくさん使いたい方向け!他社クラウドSIMと比較したメリット・デメリットや実測速度を解説!

【実機レビュー】「ゼウスWi-Fi」を使って実測速度を測ってみた

 

無制限Wi-Fi最安級の6ヶ月間2,980円!
2020年7月現在の
最新キャンペーンはこちら

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、2020年3月からサービス開始されたクラウドSIM系モバイルWi-Fiサービスです。

 

クラウドSIM系のモバイルWi-Fiは、容量無制限の使い放題タイプが多かったのですが、加入者の増加に伴って容量制限を設けるところも出てきています。

 

そんな中、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は「容量無制限&クラウドSIM系の中で最安級の料金」を掲げて登場しました。使い放題で、しかも最安級ときたらかなり魅力的ですよね。

 

 

しかし、モバイルWi-Fiは1度契約したらそう簡単に乗り換えたりできないものですし、良いサービスかどうかちゃんと見極めてから使いたいという方が多いと思います。

 

そんな方のために、私が実際に利用してレビューしてみました。他のクラウドSIM系モバイルWi-Fiとの比較や、実測速度などを交えて、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)はおすすめできるサービスなのかをこのページで解説していきます!

 

 

結論的には、ネット/SNS閲覧やちょっとした動画視聴などの使い方が中心の方なら安くたくさん使えるのでオススメです。

 

逆にオススメできないのは、YouTuberやオンラインゲーマーなどの回線速度が必要な方です。こういった方は、ZEUS Wi-FiのようなクラウドSIM系モバイルWi-Fiの実測速度で使うのはかなりストレスを感じてしまうと思います・・・。

 

先に結論をみたい方はこちら

 

 

 

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のロゴ

 

<ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の基本情報>

運営会社 株式会社Human Investment
利用料金

契約事務手数料:3,000円 (※初月のみ)
月額料金:3,480円/月⇒キャンペーン期間中 6ヶ月目まで:2,980円 7ヶ月目~:3,280円

オプション 端末あんしんオプション:400円/月 (※任意加入 ※途中加入/再加入は不可)
契約期間 2年契約の自動更新
解約金 2年ごとの更新期間以外での解約:9,500円⇒キャンペーン期間中 30日以内の解約金が無料
海外利用 SIM差し替え不要で106ヵ国で利用可能 ※事前に海外データプランの購入が必要
ルーター

機種名:H01(ゼウスWiFi独自機種)
レンタルor買取:レンタル(レンタル料は無料)
最大速度:下り150Mbps/上り50Mbps
連続使用時間:最大10時間
同時端末接続数:最大10台まで(推奨: 5台まで)

SIM クラウドSIM(SIMカードなしで通信可能)
対応キャリア 国内:ドコモ・au・ソフトバンク 海外:106ヵ国のキャリアに対応

※価格は税抜き

 

 

国内トリプルキャリア&世界106ヵ国対応のクラウドSIM

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、国内ではトリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)対応海外でも106ヵ国の通信事業者に対応したクラウドSIMです。

 

 

クラウドSIMをカンタンに説明すると、

 

  • 国内・海外問わずいろいろなキャリアの電波を
  • SIMカードを差し替えることなく自動的に切り替えながら
  • 低価格で

 

利用することができるモバイルWi-Fiサービスです。

 

 

従来のモバイルWi-Fi(SIMカードを差し込んで使用)

 

従来のモバイルWi-Fiは、ルーターにSIMカードを差して使っていました。このSIMカードには、1キャリアのみの情報が格納されていて、他のキャリアの電波が使いたい場合は、新たに契約してSIMカードを差し替える必要があります。

 

たとえば、ソフトバンクのPocket WiFiを利用している人が、ソフトバンクの電波が届かない場所に引っ越した場合、ドコモのモバイルWi-Fiなどを新たに契約し直さないといけません。

 

また、海外で使うと1日あたり数千円かかってしまうこともあるので、別途海外用のモバイルWi-Fiをレンタルしたり、現地でSIMを購入する必要がありました。

 

 

クラウドSIMのモバイルWi-Fi(クラウド上のSIMを利用)

 

クラウドSIMの場合は、1契約で国内・海外の複数キャリアが使えます。しかも、端末側が自動でこれらのキャリアを切り替えてくれるので、契約変更もSIMの差し替えも必要ありません。

 

また、国内で契約したSIMを海外で使いたい場合、そもそもその国に対応していなかったり、対応していたとしても国際ローミングが必要になり、料金が高額になってしまうことがありますが、クラウドSIMなら現地でSIMを購入した場合に近い料金で使うことができます

 

 

他のクラウドSIM系モバイルWi-Fiと比較したメリット・デメリット

 

クラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiは多数ありますが、その中でZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を選ぶメリット・デメリットにはどんなものがあるでしょうか。

 

3つの主要なクラウドSIM系モバイルWi-Fiと比較してみました。

 

お試し利用

国内利用時の料金
(2年間合計)

対応キャリア
(国内)

海外利用時の料金
(アメリカで1GB利用時の例)

対応国
(海外)

海外利用時の申し込み 最大速度 速度制限 契約期間 同時接続数
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)

あり

 

※30日以内の解約無料(終了日未定)

79,920円

 

※キャンペーン適用時

ドコモ・au・ソフトバンク 968円(非課税) 106ヵ国

必要
(ネットのマイページから)

下り:150Mbps
上り:50Mbps

なし(使い放題) 2年(自動更新) 10台
どんなときもWiFi

なし

86,520円 ドコモ・au・ソフトバンク 1,280円(非課税) 130ヵ国

不要

下り:150Mbps
上り:50Mbps

なし(使い放題)

2年(自動更新) 5台

ギガゴリWiFi
(4/8以降開始予定のワールドプラン)

なし

86,040円 ドコモ・au・ソフトバンク 1,250円(非課税) 132ヵ国

不要

下り:150Mbps
上り:50Mbps

なし(使い放題) 2年(自動更新) 5台
Mugen WiFi

なし

81,720円 ドコモ・au・ソフトバンク 1,200円(非課税) 134ヵ国

不要

下り:150Mbps
上り:50Mbps

なし(使い放題)

2年
(25ヶ月目以降は解約金なし)

5台

※税抜き価格

 

 

この比較表をもとに、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のメリット・デメリットを解説していきます。

 

 

メリット

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のメリット

 

30日間のお試し利用が可能(ドバドバ体験キャンペーン)

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)では、2020年3月30日~ドバドバ体験キャンペーンを実施しています(終了日未定)。契約から30日以内であれば解約金(通常9,500円税抜き)無料で解約ができるキャンペーンです。

 

モバイルWi-Fiは、使ってみないと自宅の電波環境などが分からないので、こうしたキャンペーンは有難いですよね。

 

 

国内利用時の料金が安い

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、クラウドSIM系を含むモバイルWi-Fiルーター全般でみても、最安級の料金設定です。

 

初期費用 3,000円
月額料金(通常)

初月:2,980円(日割)
2〜6ヶ月:2,980円
7〜24ヶ月:3,280円
25ヶ月以降:3,480円

 


ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のサービス開始からしばらくは、「ZEUS WiFiデビューキャンペーン」が実施される予定(終了日未定)

 

月額料金
(ZEUS WiFiデビューキャンペーン適用時)

課金開始月~6ヶ月目:2,980円(税抜)
7ヶ月目~永年:3,280円(税抜)
※課金開始月は2,980円日割り

 

キャンペーン終了し、通常料金になる場合は3,480円(税抜)

 

通常料金でも安いのですが、「ZEUS WiFiデビューキャンペーン」を利用して加入した方は、上記のような割引料金でずっと使い続けることができ、容量無制限のクラウドSIMの中では最安の料金(2020年4月1日現在)で使えます。

 

 

海外利用時の料金も安い

 

海外での利用料金については、国やプランによっても変わってきますが、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)なら全体的に安く使えます。

 

たとえば比較表で挙げたアメリカで1GB利用の場合ですと、他社サービスが1,200円台なのに対して、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は1,000円を切る料金で利用できます。さらに言うと、他社サービスは1GBを使いきらなかった場合でも、基準時刻(日本時間の9時など各サービスごとに決まっている時刻)を超えると2日分としてカウントされるのですが、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は1GBを7日間持ち越すことができます

 

また、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は1GB/7日間プラン以外にも、300MB/1日プラン3GB/30日間プランが選べるというのも大きな特長です。

 

 

ルーターの同時接続可能台数が多い

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)で使えるルーター本体は、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)専用端末になっていて、他社クラウドSIMサービスよりも、同時接続台数が多いのもメリットです。

 

最大で10台まで接続できるので、スマホ4台+PC+クロームキャスト+PS4を同時接続するなどの使い方が可能です。

 

ただし、同時接続数が多くなると、それぞれの回線速度は落ちやすくなります。

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のようなクラウドSIMは、光回線のような超高速回線ではないため、なるべくであれば同時接続台数を多くしすぎない方が良いです。(公式サイト上でも「推奨は5台」と記載されています)

 

 

デメリット

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のデメリット

 

 

海外の対応国が若干少ない

 

他のクラウドSIM系サービスと比較すると、対応している国数がちょっと少ないです。とはいえ、それでも106ヵ国に対応していますので、大抵の国では使えます。

 

もし、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)が対応していない国で使いたい場合は、短期ならレンタルWi-Fiなどでしのぐのも手です。

 

 

海外利用時の申し込みが必要

 

クラウドSIM系のモバイルWi-Fiは、海外利用時も手続き不要で、現地で電源をいれるだけで使えるものが多いです。

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の場合は、海外利用するためには、マイページから事前申し込みをする必要があります

 

ひと手間かかってしまうのはデメリットですが、その代わり、他のモバイルWi-Fiより安く使える地域が多いというメリットもあります。

2年縛りの自動更新

契約期間 2年ごとの自動更新
違約金 9,500円(2年毎の更新タイミングを逃すと違約金発生)

 

表のように、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、2年契約の自動更新(いわゆる2年縛り)タイプです。2年ごとの更新期間以外で解約すると、違約金がかかります。

 

まだまだこうした2年縛りもしくは3年縛りタイプが主流ではありますが、モバイルWi-Fiの中にも「最低利用期間なし」や「2年使ったらその後は違約金がかからない」などのタイプが出てきていますので、どうしても2年縛りがイヤという方は、そうした縛りなしタイプのモバイルWi-Fiの方が向いています。

 

ただし、縛りなしタイプの場合は月額料金が上がる傾向があります。

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は2年縛りの代わりに月額料金を抑えているので、2年程度使うのであれば、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を選んだ方が総支払い額が安くなります。また、30日以内の解約金が無料になるキャンペーンも実施していますので、まずは自宅などで使ってみてから判断することもできます。

 

 

【体験レビュー】ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を実際に使ってみました

 

今回、実際にZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を利用してみました。利用場所は、私の住んでいる千葉県茂原市付近です。

 

都市部ではないので、東京都内で使った場合などとは回線速度や電波状況も違うとは思いますが、自宅・・山・ショッピングモールなどでの実測速度も公開していきますので参考にはなるかと思います!

 

 

動画で観たい方はこちら

 

 

ルーター本体と付属品レビュー

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の外箱
外箱

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の本体と付属品
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の本体と付属品(説明書・SIMピン・USB Type-Cケーブル)
アダプタが付属していないのがちょっと不便に感じるかもですが、パソコンなどにUSB接続するか、スマホ用のアダプタにケーブルを組み合わせれば充電できます。

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)ルーター本体の画面1
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)ルーター本体の画面2
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のルーターは、本体に画面のついているタイプで、ルーター本体でタッチ操作ができるのでカンタンです。(操作方法は説明書に記載されています)
スマホやPCで接続する際のSSIDとパスワードは「データ利用量 SSID」から、海外利用時のデータ購入申し込みは「MyPage データ購入」からできます。

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)ルーター本体の画面3
スマホやPCなどをWi-Fi接続すると、左上に接続台数が表示されます

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)ルーター本体のSIMスロット
SIMスロットもありますが、クラウドSIM対応なので、SIMを差さずに使えます
私はクラウドSIMのモバイルWi-Fiを使うのは初めてでしたが、ドコモ・au・ソフトバンクから、強度の強いところを自動で選んで接続してくれるのは便利ですね。(ただし、他のクラウドSIMでもよく言われていますが、ソフトバンクが選択されることが多いです)

 

 

ちなみにルーター本体の重量は約130gです。他社ルーターもだいたい同じくらいですね。

 

連続通信時間は最大10時間で、他社ルーターと比べると2~5時間程度短いです。私が実際に使って見た感じでは問題なさそうでしたが、ずっと繋ぎっぱなしで1日中使う場合は、しっかりフル充電しておかないと持たないかもしれません。

 

 

使ってみた感想

 

端的にいうと、速くはないけど、どこでもそれなりに使える。というのが感想です。

 

この後紹介する実測速度を見ていただければ分かると思いますが、回線速度は速くはないです。ただこれはZEUS WiFi(ゼウスWiFi)だからというわけではなく、クラウドSIM系のモバイルWi-Fiサービス全体にいえることです。

 

ただその代わり、山でも海でも市街地でも、圏外になることはなく、ほぼ一定の電波強度で受信できていました。私はソフトバンクのスマホを使っているのですが、実家の屋内だと、圏外に近いぐらい電波環境が悪いです。もしPocket WiFiのようなソフトバンク電波しか使えないモバイルWi-Fiだと、同様に圏外になってしまいますが、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)はソフトバンクがつながりづらい場所では別のキャリアに切り替えてくれるので、実家でも問題なく使えました。

 

 

実測速度を公開

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とiPhoneXsを接続して、iPhoneXsで速度計測しました。

 

計測にはFAST.comを使用しています。

 

 

自宅アパート

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のスピードテスト結果1
クリックで拡大します

 

下り 8.5Mbps
上り 12Mbps
ping 18ms

 

 

山間部

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のスピードテスト結果2
※クリックで拡大します

 

下り 15Mbps
上り 11Mbps
ping 16ms

 

 

ショッピングモール

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のスピードテスト結果3

 

下り 17Mbps
上り 1.9Mbps
ping 26ms

 

 

【速度】ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の速度は遅い?

 

測定結果の画像を間違って消してしまったので載せていませんが、上記で挙げた以外に、駅や海岸沿いなどでも計測しました。

 

実測速度は、利用する場所や環境によっても異なりますが、私の計測した範囲では、下り8~25Mbpsぐらいの速度でした。光回線のような回線速度を想定していた方は、「遅いな」と感じたかもしれません。

 

 

モバイルWi-Fiとしては平均的

 

ですが、実はZEUS WiFi(ゼウスWiFi)のこの速度は、モバイルWi-Fiの中では平均的な数値のようです。

 

ゼウスWi-FiのようなクラウドSIM対応のルーターは種類が少なく、ほとんどの機種で、下り150Mbps/上り50Mbpsが最大速度になっています。一般的な光回線の1/7程度の最大速度しかありません。つまり、そもそもクラウドSIMは、光回線のような超高速回線を求める方向けのサービスではないといえます。

 

 

ではクラウドSIM以外のモバイルWi-Fiの方が良いのかというと、実はそうでもありません。クラウドSIM系以外のWiMAXなどのモバイルWi-Fiには最大1Gbpsを超える機種も登場していますが、「みんなのネット回線速度」での計測結果を見る限りでは、実測速度にはあまり差が出ていないのが現状です。

 

 

下表は、他のモバイルWi-Fiサービスとの「実測速度」の比較ですが、どれも大きくは変わらないのが分かります。

 

下り平均速度(Mbps) 上り平均速度(Mbps) 平均Ping値(ms)
ZEUS WiFi(ゼウスWiFi) 17.1 11.98 15.6
どんなときもWiFi 9.83 15.77 83.32
Chat WiFi 5.6 11.23 38.03
Speed Wi-Fi NEXT WX06 24.99 4.64 62.38
Speed Wi-Fi NEXT W06 41.09 4.66 73.63
Pocket WiFi 801ZT(縛りなしWiFi) 2.47 8.71 51.37

※ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)以外は、みんなのネット回線速度の直近3ヶ月の平均データより(2020 3/31時点)

 

 

実際この速度でストレスなく使えるの?

 

実際にZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を利用して、YouTube視聴やSNS、ゲームアプリをしてみましたが、読み込み待ちはほとんどありませんでした

 

ただ、YouTubeに動画のアップロードもしてみたのですが、これはかなり時間がかかってしまいました。普段は光回線にWi-Fi接続して使っていて(上り200~300Mbpsぐらい)、動画のアップロードも20~30分あれば終わるのですが、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)で行った時は残り5時間などの表示が出ていました(途中でやめてしまいましたが)。

 

これはモバイルWi-Fi全般にいえることだと思いますが、速度と安定性が重要なオンラインゲームや、上り速度が必要な動画のアップロードなどの使い方をする方にはあまり向いていません

 

逆に、SNSや動画閲覧などの使い方が中心の方なら、光回線より安く使えるので良いかと思います

 

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がオススメなのはこんな方

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がオススメな方

 

他サービスとの比較+実際に使ってみた結果を踏まえて考えると、ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がオススメなのは、下記のような項目にあてはまる方です。

 

  • なるべく安くネット環境を導入したい⇒ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)はモバイルWi-Fiの中でも最安級
  • 速度制限のないモバイルWi-Fiを選びたい⇒ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は速度制限なしで使い放題
  • ネットの使い道はホームページ閲覧やSNS/動画視聴が中心(動画アップやオンラインゲームをしない)⇒動画アップやオンラインゲームをしないなら十分使える速度
  • 1ヶ月程度使って試してみたい⇒体験キャンペーンあり
  • 海外でも安く使いたい⇒クラウドSIMの中でも海外料金が安い

 

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)は、最近人気のクラウドSIMの中でも、速度制限がなく、しかも最安級の料金で使えるサービスです。

 

さらに今なら、30日以内であれば解約金が無料になるキャンペーンも実施中ですので、モバイルWi-FiやクラウドSIMの利用を検討している方は、まずZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を試してみてから決めるのも良いと思います

 

 

 

 

もし、YouTube投稿や動画配信をするなど、高速&安定した環境が必要な場合には、光回線をおすすめします。

 

光回線の選び方については下記ページを参考にしてください。

 

【2020年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!

 

キャッシュバックなどの特典がお得な、オススメのZEUS WiFi申し込み先

2020年7月の最新キャンペーン内容で比較しています! 公式、代理店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。
ZEUS WiFi公式サイト
ZEUS WiFi公式サイトで実施中のキャンペーン ZEUS WiFi公式サイトはこちら
公式サイトキャンペーン

 


  • 1~6ヶ月目の月額料金を3,480円⇒2,980円に割引
  • 7ヶ月目以降の月額料金を3,480円⇒3,280円に割引

キャンペーン期間中(キャンペーン終了日は今のところ未定)に申し込むことが条件


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る